家の構造にこだわりのある山下建設に注文住宅を依頼しよう

積み木

売却で必要な費用

住宅

手数料と税金

中古一戸建ての売却では様々な手数料や税金が発生します。中古一戸建て売却で一番大きな諸経費になるのが、仲介手数料です。仲介手数料は、中古一戸建ての売却を手伝ってくれた仲介業者に支払います。中古一戸建てにかぎらず、マンションでも土地でも、不動産を仲介業者経由で売却すると必ず必要になる手数料です。仲介手数料は売買代金によって違い、上限は宅地建物取引業で定められています。藤沢市の400万円を超える中古一戸建てを売却する場合、仲介手数料の上限の計算式は、「物件価格×3.15%+6万円」です。藤沢のほとんどの中古一戸建ては400万円以上するので、この計算式が当てはまります。たとえば3000万円で藤沢の中古一戸建てを売却できた場合は、仲介手数料が100万円程度になります。売買契約書を作成するときに納税するのが印紙税です。印紙税は売買契約書に収入印紙を貼ることで納税できます。印紙税も売買代金によって違いますが、1万円〜2万円になるのが一般的です。滅多にありませんが、中古一戸建てを売却して利益が発生した場合は、所得税がかかります。所得税は、購入時の価格と売却価格の差額が対象となります。たとえば藤沢の中古一戸建てを2800万円で購入して3000万円で売却できた場合、利益分の200万円が所得税の課税対象になる計算です。税率については所有していた期間によって違います。5年以上保有していた場合の税率は15%ほどです。