家の構造にこだわりのある山下建設に注文住宅を依頼しよう

婦人

売却で必要な費用

中古一戸建てを売却するときに知っておくべきなのが、手数料や税金です。藤沢で中古一戸建てを仲介業者を介して売却すると、仲介手数料が発生します。また、売買契約書には印紙税がかかり、売却で利益が出た場合には所得税を納める必要があります。

中古住宅ならではの魅力

鎌倉市では戸建ての購入に中古一戸建てが人気となっています。その人気の理由としてまず挙げられるのが立地の良さです。古くに建てられた建物ほど便利な場所にあるため駅の側や観光地の側などに家を持つことが可能です。そして、価格帯も広いため、予算があまりないという方でも念願の家を持つことが可能です。

車社会になっています

自動車会社の本社が設置されていることで有名なのが、愛知県の豊田市です。大人一人に自動車一台保有している家庭も珍しくなく、そのため他の地域に比べて駐車スペースを広くとっています。豊田で注文住宅を建てるのであれば、地元の事情に詳しい業者を選ぶことが大切です。

こだわりの家作り

部屋

構造へのこだわり

山下建設は湘南エリアで、注文住宅をメインに手掛けている企業です。湘南という土地に合った家作りに定評があります。家の良し悪しを左右すると言われる、構造部分にも山下建設はこだわって作っています。家の主要構造となる土台や柱部分には、「富士ひのき」を採用しているのです。富士ひのきは湘南の風土に合っている木材で、この富士ひのきを用いる事で山下建設では、強固な家作りを行っています。また、山下建設は耐震性にも、こだわりを持ち家を建てている企業です。近年、国内では大地震や小さい地震も含め、地震自体が頻発して起こっています。湘南エリアも多くの地震に見舞われています。家を建てる際、耐震性という点は必ずチェックしたいポイントです。山下建設では国内で古くから伝わってきた、伝統の木造組工法に構造用パネルをプラスしている点が特徴です。木造組軸工法は家を土台や柱、筋違などで支える家の作り方です。この工法はデザインや形状、間取りなどの自由度が高いという特徴があります。土地が極端に狭い、また変形しているという場合も、木造組工法であれば対処しやすいのです。そして、木造組工法に加え構造用パネルを建物外周に全て用いる事で、地震に強い家を作り上げています。家を建てる際、室内の設備にだけ目が行ってしまいますが、隠れてしまう構造部分こそ、家の良し悪しを決めます。構造にこだわりのある山下建設であれば、安心して暮らせるできる家を建てる事が出来るでしょう。